2017年06月27日

長野の喫茶店

古い喫茶店が大好きな
私の為に
三本コーヒーさんに
連れて行っていただきました



神様カードインストラクター
渋谷牧子です



先日の長野の滞在中に
お友達の
桂桃子さんに

昔ながらの喫茶店に
連れて行っていただきました



店内の雰囲気が
完全に昭和‼
DSC_4022


ステキでしょ~❤



こういう雰囲気大好き❤


カウンターがあって
マスターがいて


ムーディーな曲が
流れていて


DSC_4019

DSC_4018

カフェオレは
テーブルに来て
コーヒー&ミルクを
上から注いで下さいましたよ

だからコーヒーカップに
コーヒーのしぶきが・・・(笑)

ショコラとカフェオレ
めちゃ美味しかったです❤
IMG_20170626_080823

IMG_20170626_080843


長野に行ったら
又、寄りますよ❤

ずっと残っていて欲しいなぁ❤


makikokirari0823 at 09:00|PermalinkComments(0)大人女子の日常 

2017年06月26日

戸隠神社様の心

戸隠神社様の
厄難消除は半端ない!



神様カードインストラクター
渋谷牧子です



『今年は毎月祓いする!』と
決意して

毎月、神社様で御祈祷を受けています



週末は長野のお友達に
付き合っていただき

戸隠神社様の奥社にある
九頭龍社様にて

【厄難消除】の御祈祷を受けました


ここから先はマニアックな
内容になるのですが・・・


何が素晴らしかったって


御祈祷って

だいたい

祓詞(はらいことば)

ぬさで祓い

のりと

玉串&祈り


みたいな感じで
基本的にのりとは2回です


残念な神社様は1回だったりします



ところが戸隠神社様の
九頭龍社では


御祈祷ののりとに入る前に

大祓詞を奏上しながら
太鼓を叩き
太鼓祓いなるものを
やって下さいました❤



ビックリどころか

背筋が伸びまくり
背筋の鳥肌が立ちました



背中から
何かが抜けていくような

ゾゾゾ~ってしました

だいたい10分くらいの
【のりと】ですが

ずっと背中が鳥肌でした



【のりと】の間は祈るように
言われましたが


祈りよりも

心に浮かぶのは感謝ばかりでした


不思議ですね


太鼓の音色&大祓詞は
最強ですね


大祓詞は長~い、のりとなので

普段はなかなか
御祈祷で聞くことはないです


個人祈祷の中に
大祓詞を入れて下さるとは

神社様の本氣

心意氣を感じます❤




御祈祷が終わった後に
神職様に伺ったら

戸隠神社の九頭龍社様での
御祈祷では


厄年祓い

厄難消除

の願目の時には

大祓詞を入れるそうです


大祓詞は長いけれど
祓いを望む人には

心を尽くす



そういうことだと
勝手に感じましたよ




今回は私とお友達の
大川 桂桃子(けいこ)さん揃って

厄難消除にしたので


おそらく


『この二人組は
相当、私生活で何かあるのだなぁ~』


そう思われた氣が致します(笑)


御祈祷後に話し掛けたら
たくさん
お話をして下さいましたよ


話し掛けた時に
しっかりと相手をして下さる
神職様は

人としての温もりや

暖かさを感じます



人間は単純ですから
それだけで

あー良い神社様だったなぁ

又、参りますね~!って

心に刻みますよね


神職様アルアルですが

『願いが叶ったら
御礼参りに来て下さいね

御祈祷は受けなくても良いから
手を合わせに来て下さいね』


と、仰います



願いが叶っても御祈祷を受けたい!


その時の御祈祷は勿論

【神恩感謝】ですね



今年は祓いの1年にして

来年は感謝の1年にしようかしら⁉


自分のテーマによって
御祈祷を受けるのは
楽しいですね




写真は
戸隠神社奥社の鳥居前にて


雨が上り

空氣が凛として

青々とした中を歩くのは

爽快でした❤

DSC_3920


奥社の鳥居近くで
戸隠蕎麦をいただきました❤

ありがたいのですが
食事をし始めたら
雨がパラパラ・・・

私達、
何かに守られている氣が
するね~って言いながら

ゴキゲンでいただきました


美味しかった~❤

DSC_3972
























makikokirari0823 at 19:00|PermalinkComments(0)キレイになる神社 

2017年06月11日

ちょっと今から仕事やめてきます

小学5年の娘に
ねだられて
賛否両論の映画
『ちょっと今から仕事やめてきます』
観て来ました


神様カードインストラクター
渋谷牧子です



観た方々が色々と感想を
投稿されていて

正直、全く期待せずに

娘のお願いの為だったから
観に行っただけですが


結論から言いますと

ワタクシ大号泣しました・・・


隣の娘が心配して
ワタクシの顔を覗きこむくらい


大号泣しました



これはワタシが
高校1年の長男を持つ身で



長男が働くようになる頃の
日本という国に

ちょっとばかし
恐れを抱いていてね


会社の部長だの

同僚だのに


あんな仕打ちを


長男がされたら・・・みたいな


長男と主人公達を
重ね合わせてしまったから



先日、
会社の代表との面談の中で


親が子供たちに出来ることは


結局、
自分の背中を見せることだよね


親が暗い顔して働いていたら


子供たちも

働く=苦しみ


みたいになってしまう


そうじゃない背中を見せたいよね



みたいな話をしたばかり



どう生きてもいいんだよ



生きてさえいれば




つまんない映画だと
言う人もいるけれど



私は創り手が


この閉塞感がある

日本で苦しんでいる若者に



懸命にメッセージを送ろうとした

作品だと思う



私みたいな未熟な親に
育てられている長男に
観て感じてもらいたい

映画だった
DSC_0340_original










makikokirari0823 at 13:00|PermalinkComments(0)大人女子の日常